可愛いがま口ポーチ・がま口財布ポシェット・がま口バッグは使い方いろいろ

可愛いがま口ポーチ・がま口財布・がま口バッグは使い方いろいろ

「がま口」は「昔っぽさ」のある財布ですが、便利で何かかわいらしい形をしているので、「生活雑貨」として親しまれています。最近はさまざまな素材、そしてさまざまなデザインの「がま口」が店先に並び、その用途も無限大に広がっています。日本のanello(アネロ)のリュックが世界的に人気ですが、このリュックは口金を使用した「がま口」ライクなものです。
 

がま口の由来

日本の財布と言えば「がま口」でしょう。「がま口」は、金属製の口金がついている財布で、広げるとガマガエルが口を「パカッと」広げたような外観になることから、このような名前で呼ばれるようになったようです。出ていったお金が「カエル」。「がま口」にはお金がたくさんキープできるので「金運を呼び込む」とも言われていたとか。
 
「がま口」は口金をひねるようにしてワンタッチで開けられるにもかかわらず、かっちりと閉まる安心感があります。この「かっちり」とした音は「がま口」の特徴です。安心感、そして使い手を喜ばせる小さな演出と言えるのではないでしょうか。
 
かわいらしい見た目には、何か日本的な奥ゆかしさがありますが、この「がま口」、実は明治の文明開化でヨーロッパから持ち込まれた「ヨーロッパ起源」の物です。「がま口」の「カバン」や「財布」が日本に持ち込まれ、それらを模倣するようにたくさんの製品が作られたそうです。そういえば、アンティークなヨーロッパ製ドクターバッグなどには「がま口」が使われていますね。
 
「がま口」が瞬く間に日本に広がった理由として、少額紙幣の登場が挙げられます。この小額紙幣の登場により、小さな「がま口札入れ」の人気が沸騰しました。これにより「がま口」は完全に日本で市民権を得ることになります。また、関東大震災による被害も「がま口」が日本に浸透した要因のひとつだと言われています。身につけて歩くことのできる「がま口バッグ」の需要が、震災後に高まったそうです。
 
大きな口金の「がま口バッグ」は、明治初期の鋳造技術では、耐久性のあるものがなかなか作れなかったそうです。信頼できるレベルの製品が作れるようになるまで、その後20年ほどかかりました。明治初期の「がま口」は、江戸時代からのかんざし職人の手作りで、非常に高価だったそうです。
 
財布やハンドバッグ、ポシェットなどが特に女性の間で人気ですが、スマートフォンにフィットした大きさのものもあります。最近はボディだけでなく、口金部分まで樹脂でできている「がま口」もあり、そのポップな雰囲気が、特に若い女性の間で受け入れられているようです。
 
「がま口」は広い年代に親しまれています。多くの女性が、財布からポーチ、ハンドバッグまで数種類の「がま口」を所有しているのではないでしょうか。
 

おすすめの店舗

コロンとした形が特徴的ながま口ポーチです!
収納緑もバツグンなので、コスメや小物入れにもぴったりの商品です♪
また、iphone・スマホ、イヤホンコードなどもまとめて収納可能なおすすめ商品です。